エイジフリー

エイジフリーへのアーティストからのエール

長谷川章プロフィール

日本民間放送連盟TVCM部門最優秀賞をはじめ数々の賞を受賞。
NHK大河ドラマ「琉球の風」始めニュース、スポーツタイトル、中国中央電視台(CCTV)のステーションロゴやTVCMなどを数千本制作。
後に日本人の持つ無常の精神からDK(デジタル掛け軸)を発明。日本人で初めてTHE 2007 Americans for the Art Yearアーティストに選出される。日本国内の高校の教科書「情報C」に紹介されデジタルアートの歴史を創った。
片柳学園(東京工科大学、日本工学院)顧問、JCP日本中国計画顧問、国際アットマーク高等学校審議委員、「子どもモノ作り教育支援事業団」 NPO理事、日本SOHO協会理事、GTF グレーダーズ東京フェスティバルプロデューサー。

デジタル掛け軸WEBサイト http://dk.popculture.jp/
デジタル掛軸 d-k Nippon 日本 http://d-k-nippon.blogspot.com/
デジタル掛け軸オフタイムTV http://d-k-tv.blogspot.com/

1947年 石川県小松市に生まれる。
1967年 株式会社コプメ企画設立。
1987年 「静止画像『地水火風』」開催。電通アドギャラリーにて個展。
1990年 C.P.M. DIGITAL COMPONENT STUDIO完成。HARRY SYSTEM 導入。
1991年 「DIGITALPLAY」の CONCEPT 発表しART BOOK 自主出版。
1993年 「FUSION ART aHa展」東急文化村ギャラリーにて開催。
1995年 NHKアート CGセンターの ART顧問に就任。
1996年 DIGITAL KAKEJIKUのコンセプト発表、 東京ドーム イエロー館に常設展示。
学校法人片柳学園〔東京工科大学・日本工学院]の顧問に就任。
1997年 DIGITAL KAKEJIKU at 白山 of「RAINBOW 2000 HAKUSAN」で細野晴臣氏とコラボレーション。
1998年 石川県創知産業研究会委員に就任。
2000年 日本中国プロジェクトJCPの顧問就任。
2001年 NPO認証「子どもモノ作り教育支援事業団理事」
2002年 『KE・HA・I 気配 AKIRA HASEGAWA CONCEPT OF DIGITAL KAKEJIKU』全国書店から出版。
国際ネットロボット学会理事就任。
2003年 加賀百万石金沢城でのライブを皮切りに、以降5年間でアテネアクロポリス、京都嵐山、名古屋城、東京国際フォーラム、太陽の塔など世界90回を超えるイベントを開催。
2006年 DKが長谷川章の名前と同時に高校の教科書「新・情報C」に取り上げられる。
富山県東洋医学研究所にてD-Kの医学検証が行われ免疫力効果があることが検証される。
2007年 THE 2007 Americans for the Art Yearアーティストに選出される。
2008年 DACグループ顧問に就任。
2009年 グルーバルサミット・エコロジー2008にて米国元副大統領アル・ゴア氏にカーボンリザーブ アートを手渡しする機会を得たことを記念し、京橋並樹画廊にて「長谷川章 書展」を開催
   
  • 講演・研修・セミナーコンセプト
  • 行政対象講演・研修・セミナー
  • 女子大学生向け講演・研修・セミナー
  • 企業対象講演・研修・セミナー
  • 経営者・人事担当者向けコンサルタント

ページの先頭へ戻る